日々、思うこと、考えること。

子育て中に、考えてしまうあれこれ。

夫のことを「イクメンだね」と褒めらると、夫に対する諸々のハードルが上がること

 先日、何気のないママ友との会話の中で、ママ友の一人から「ポン助さんの旦那さんって、イクメンだよね」と言われた。その理由というのが、「幼稚園の行事への参加率が高いから。その際、下の娘の面倒を良く見ているから。仕事が休みの日には、集合場所まで上の娘を送迎しているから」と言うものだった。

 

イクメン」とは、すなわち「育児をする男性」の略称である。

するのは「育児」であって、厳密にいえばその中に「家事」は含まれていないらしい。

 

幼稚園の行事に頻繁に参加していれば、当日早起きしなくとも、いくら帰宅後疲れてソファーで転寝しようとも、疲れた子供たちが寝ている隙をついて張り切って一人出掛けようとも。立派な「イクメン」と褒められるのだなと思うと、私はそんなママ友の褒め言葉に素直にのろけることができなかった。

(もっとも、ママ友は私たち家族の生活のすべてを見ているわけではないのだから、致し方ないのだけれど)

 

 

専業主婦の夫=家事育児には基本ノータッチ 

妊娠・出産前の自分もそう思っていた。自分の心と体に余裕があれば、今もそう思っていたのかもしれない。

けれども事情は変わった。日々心にも体にも余裕はなく、寝かし付けをすればそのまま子供達と一緒に朝まで(下の娘の夜泣きはまだまだあるものの)寝てしまう毎日だ。自分の時間もあるようでない。自分の都合だけでは単独行動は許されない。

とは言え、それが「母親」なのだ。そんな日常に不満を持ってはいけないとも思う。

 

身近に頼れる家族もおらず、旦那さんも仕事が忙しいが故に協力的とは言えない(そうならざるを得ない面もある)ママ友の話を聞くと、自分が如何に恵まれているのか、思い知らされもする。

 

思い知らされもするのだけれど、自分より大変な人がいることを知ったからと言って、自分のしんどさが軽減されるわけではない。しんどいものは、しんどいのだ。

 

とは言え、家事・育児を、何もしない、もしくは物理的に(能力的にも)できない夫を持つ母親にとって、私の夫は立派な「イクメン」である。

幼稚園の行事積極的に参加する夫の姿は、「羨ましがれる」存在なのだ。

 

 

育児をしなくとも、許される夫

一方で、夫が育児から(そうして家事からも)完全に開放されているとき、私の両親、そうして夫の両親は、全く夫を咎めるということをしない。むしろ、日々仕事で疲れていることを心配し、労りの言葉をかける。ソファーで転寝していても、何も言わない。一人遊びに出かけても、当然何も言わない。

 

夫=父親は育児をしなくてもよい。仕事で疲れているのだから、息抜きは必要だ。

 

私の両親や夫の両親だけではない。世間一般に、仕事をしている父親が息抜きの時間を持つことは当然の権利だと思っている人は多いように思う。

 

私の夫も同じように思っているのだろう。

だからこそ、夫は何の疑問も持つことなく、一人で出かけ、睡眠時間を削って趣味に没頭し、削られた体力を回復するためにソファーで転寝することに、何の罪悪感も、申し訳なさも感じないのだ。

私が、家事もままならない状況の中で、どんなに子供たちにイライラしようとも。その権利は守られなければならない、そう思っているように、私は思えてならない。

 

 

夫の趣味に寛大な妻=できた妻という価値観

私の両親や、夫の両親の、夫の趣味に寛容な姿勢の影響は大きい。彼らが文句を言わないので、自分も言えなくなってしまう。

また、自分の中に、「夫の趣味に寛大な妻=できた妻」であるという価値観もどこかにあるため、「夫の趣味に文句を言ってはいけないような気持ち」についついなってしまう。

イクメン」とはかけ離れた姿をした夫を持つことが、なぜか「できた妻」であることの条件にもなってしまっている。複雑な思いだ。

 

夫の本音。本当の「イクメン」とは??

また、夫の中には「自分はイクメンだ」「十分に家事・育児をやっている」という自負がある。「やれることはやっている」が夫の口癖だ。

夫が堂々と自分のためだけの「純粋な一人時間」を楽しむことができるのは、そんな思いもあるからだろう。

けれども現実は違う。妻である私の本当の気持ちは置き去りにされたままだ。

 

 

世間一般的には、夫は正真正銘の「イクメン」だ。

けれども、私にとってはどうだろうか??

少なくとも、休日の夫にとって物理的な理由で家事・育児ができない理由はないはずだ。「やれるはず」のことを「やらずに逃げている」ようにも見える夫は、私にとっての「イクメン」なのだろうか??

「ママに一人の時間を作ってあげましょう」という言い回しに対する違和感

「育児に疲れているママに一人の時間を作ってあげましょう!!」と言うアドバイスをパパ向けに発信することは多い。

けれども、「仕事に疲れているパパに一人の時間を作ってあげましょう!!」と言うアドバイスがママ向けに発信されることは少ない。

仕事は父親、家事・育児は母親。父親の家事・育児はあくまで手伝い。休日に心と体を休めることも仕事のうち。時代錯誤だが、そう思っている父親(そうして母親自身も)が(意識的、無意識に関わらず)多いからこそのアドバイスなのだろうか??

 

 

とは言え、父親は日々遊んでいるわけではなく仕事をしている。

では、なぜ多くの母親は、父親と母親では、圧倒的に父親のほうが一人時間が長いと思っているのだろうか??

 

おそらく多くの父親は家の外で仕事をしていて、仕事をしている時間(通勤時間も含めて)も一人の時間とカウントされているから、というのも理由の一つだろう。

休日も、家事・育児にタッチすることなく、好き勝手動きやすいから、と言うのも理由の一つだろう。

仕事に付随した「飲み会」などの「子供抜きのイベント」の頻度も多く 、それらの「仕事なのかプライベートなのかわからないグレーな外出」も「一人時間」とカウントされているから、というのも理由の一つだろう。

また、「仕事をしていて疲れているパパは一人の時間が必要である」と言う社会や世間からの無言の圧力の影響も大きいように思う。

 

 

私が感じる違和感

私は、以前からこの言葉を耳にするたびに、とても魅力的に感じる半面、モヤモヤもしてしまう。

一人の時間はとても大事だ。特別、一人で純粋な趣味や休息のために外出するための時間はもっと大事だ。

けれども、言葉の揚げ足取りになってしまうのだけれども、この「作ってあげましょう」と言う表現がとても上から目線で、恩着せがましく思え、私はとても嫌いである。

夫婦は対等だ、と思う。そう思いたい。

けれども、「作ってあげましょう」という表現の中には、「パパがわざわざママのために、好意で作ってあげている」という風なニュアンスを、どうしても私は受け取ってしまう。

「本来なら自分(パパ)が持つべき自由な時間を、ママにも分けてあげましょう」

そんな男性側の本音が見え隠れているように、ひねくれている私は感じてしまう。

そこには、夫婦として対等な関係ではない、主従関係に似た、上下関係のようなものが成り立っているように、思えてしまうからだろう。

 

 

我が家の場合、夫の都合(基本休日はほぼ毎回一人で半日近く外出するので)がつく場合のみ、突発的に一人時間が生まれる。たいてい、夫は子供たちを自分の実家に預け、自分は一人で遊びに行ったり、昼寝をしたり、床屋などの用事を済ませに行ったりすることが多いようだ。

義理の両親に迷惑をかけることが前提で、かつある日突然降って湧いたようで作られる私の一人時間は、まさしく夫が私に「作ってあげている」ものだ。だからこそ感じる違和感でもあるのかもしれない。

 

夫にとっての、私にとっての、一人での外出

夫の言い分では、仕事で疲れているから、心と体のリフレッシュのために一人時間(趣味のための時間)はどうしても必要だという。また、夫の友人、会社の上司(プライベートでも親しくしている)からの趣味の誘いにこたえたい、という理由も大きいようだ。そのため、かなりの頻度で一人での外出を楽しんでいる。

 

一方で私にとっても、心と体のリフレッシュのために一人時間を持つことはとても重要だと思っている。

けれども、家事や子供関係以外の理由で、純粋な一人での外出時間を持つことは少ない。そもそも子供抜きで友人から遊びに誘われることもないので、自分の体一つで外出しなければならないシチュエーションになること自体が、めったにない。

 

 もしかしたら、夫からしてみたら「やむ負えない事情で一人で外出しなければいけない」場面が少ないがために、そもそもその必要性と重要性がわかっていないのかもしれない。

 

 

私が人に子供たちを預け、一人で外出するときにできるだけ心がけていること。

私が一人で家事や子供以外の理由で外出するとき、できるだけ心がけていることがいくつかある。

  • 子供たちが二人とも寝ていること。(深夜限定、自分の睡眠を削らなければいけないでデメリットあり。下の娘の夜泣きの対応があるため、帰宅時間のリミットが深夜0時と決まっている)
  • 子供たちのどちらかが寝ていること。(昼間限定、寝かしつけ私大のため、出発時間を自分でコントロールすることが難しい)
  • 子供たちが比較的おとなしい(機嫌がいい)こと。(子供たちの好きなテレビ番組が放送されている時間帯であったら、なおよし)
  • 子供たちを預ける人(夫、両親、義理両親)の都合がよいこと。
  • 食事時は避けること。もし食事が必要な場合は、食べるものをできるだけ自分で用意すること。
  • 夕食、お風呂に間に合うように帰宅すること。
  • 出発の時点で、できる最低限の家事は済ませておくこと。

 

これらは、自分が育児を「大変だ」「疲れる」と思っているからこその、できるだけの配慮だ。

けれども、当然のことながら、夫にはそんな配慮は必要ない。それは、一人で家事と育児をすることは、妻である私にとっての日常の延長でしかないからだ。

けれども一方で、夫や、両親たちにとってはそれらは非日常だ。それ故、相手の事情を大いに汲まなければいけない。

  

自分が仕事をしておらず、かつ「育児」も労働だと思っている私にとって、100%自分のリフレッシュのために子供たちを無償で人に預けるということに、少しの後ろめたさがあるからだ。

 

もしも、「ママにも一人の時間を作るべきだ」「ママにも一人の時間を作りなさい」と誰かが夫にアドバイス(もしくは命令)してくれたらどうだろう??

父親教室や、母親教室。妊婦検診や、生後1か月検診。父親が医師や助産師などの専門家と接するはゼロではない。そこで、彼ら彼女らから公式にそんな話をしてくれたら・・・・・・

も、もっと堂々と心置きなく一人時間を満喫できるのかもしれない。

専業主婦の育児は楽だ、と思われること。

先日、こんな記事を読んだ。

 

www.hjerteligvelkommen.com

 

私も専業主婦だ。それ故、と言うべきか。いつもの癖で、色々と考えてしまった。

 

 

専業主婦の育児は楽なのか??

世間一般的に、「専業主婦は楽である(楽であるべきだ)」と言う共通認識があるように私は思う。話題になった「ワンオペ育児」という言葉も、仕事をしていない専業主婦の育児は「ワンオペ育児」にはカウントされないという話も聞く。

そうして、仕事をしていない子育て中の専業主婦の、家事・育児を夫が手伝うことを、否定的にとらえる人もまだまだ多いとも聞く。

 

実際、仕事をしながらの育児のほうが当然大変だと思う。

思うとしか表現できないのは、自分が働きながら子育てをした経験がないからだ。

とはいえ、日々疲れて帰ってくる夫を見るにつけ、そうしてかつての自分の会社員生活を思い返してみるにつけ、「仕事は大変である」という認識はゆるぎない事実として自分の中に確かに存在している。だからこそ、仕事をしながらの育児は大変だ、と心の底から思うことはできるし、ワーキングマザーを私はとても尊敬している。

 

 

だけれども。だからといって、「専業主婦の育児は楽か」と問われたらどうだろう??

少なくとも、キャパが狭く、要領も悪く、体力もなく、インドア派で(外遊びに付き合うのが嫌い)、イライラしやすい私の答えは、「ノー」だ。

四六時中常に忙しいわけではない。毎日イライラしているわけでもない。ないのだけれど、私にとっての娘達との毎日は、常に楽なわけでもなければ、楽しいわけでもないのも、また事実だ。

 

好きなテレビ番組をリアルタイムで見ることもできないし、落ち着いて読書もできない。

ソファーに座って熱いお茶を好きなタイミングで飲むこともできない。

子供達が起きている間は、周りの目(子供達や、夫、そうして両親)を気にせずネットもできない。

アツアツの料理を自分のペースでゆっくり食べることもできないし、アツアツのお風呂で長時間寛ぐこともできない。

眠たい時に、一人でゆっくり寝ることもできない。

 

子供がいるのだから、できなくて当たり前なのだと思う。仕事をしている、していない関係なく、子供がいる母親は、みんな「したい、けれどもできない」ことに囲まれながら生活しているのだとも思う。

 

けれども、心の中で思うのだ、もし自分が仕事をしていたら(もっと言えば、フルタイムで働き、夫と同じくらい稼いでいたら)どうだろう、と。

 

もっと気軽に、夫に対してさらなる努力と協力をもとめることができるのではないか。そうすれば、自分が「したい、けれどもできない」ことが一つでも減るのではないか、と。

 

夫の協力だけではない。お金を使って家事の手間を省くことも。保育園の一時保育を利用することも。もっと堂々と両親に子供を預けることもそうだ。

自分が仕事をしていれば、心置きなく下げることができる家事・育児のハードルが、自分が専業主婦であるがゆえに、そうすることに強い抵抗を私は感じてしまう。

もっとも、今の私は、決して完璧に家事・育児をしているわけではない。けれども、働いていないというだけで、手を抜くことに罪悪感や後ろめたさをどうしても感じてしまう。感じてしまうからこそ、手を抜くことで体は楽になるのだけれども、心は楽にはならない。

 

 

周囲の本音

繰り返しになるが、私の夫は家事・育児に非常に協力的である。そうして、私の両親もまたとても協力的だ。口も出すが、同時に手も出してくれる。

けれども、夫は時に家事・育児より自分の趣味を優先するときがある。

私の両親も、露骨に嫌味を言う時がある。

そんな彼らの言動を見聞きしていると、

「専業主婦は楽だと思われているのだ」

「仕事をしていないのに、家事育児が大変だと思うことはダメなことなのだ。もっと協力してほしいと思ってはいけないのだ」

と、私はたちまち自己嫌悪に陥ってしまう。

そうして、「自分は専業主婦をさせてもらっているのだ」と強く意識させられる。(夫に対してだけは、同時にその無責任な言動に対してイライラもしてしまうのだけれども)

 

 

夫や両親だけではない。知人や近所のおばさんとの世間話の中でもそうだ。自分が働いていないことがわかると、羨ましがられたり、夫への感謝を強要されたり。「専業主婦をさせてもらっている」と思わされる場面には、過去に幾度となく遭遇している。

そこには「専業主婦で楽させてもらっているのだから、夫に感謝しなさい。そうして、夫に不満を持ってはいけませんよ。家事・育児はあなたの仕事ですからね。もっとがんばりなさいよ」というメッセージが見え隠れしているように、私には思えてならない。

 

自分の思い込みも大いにあるのだと思う。

けれども、思い込みだけではない何か(社会的な無言の圧力のような)も、確実にあるように私は思う。

ママ友と親しくなりたいのか、気心の知れた仲の良いママ友が欲しいのか

前回は、感情の赴くままに、色々書いてしまった。

その後、いくつかのサイトや本を読み、付け焼刃ではあるが人間関係についての諸々の勉強をした。

 

その後、件のプライベートでも親しくしていた(どうやら私が一方的にそう思い込んでいただけだったようだけれど)ママ友と会って話す機会があり、改めて私への対応に直感的な違和感を感じたことで、逆に少し吹っ切れた気持ちになった。

 

そうして冷静になって考えてみて、彼女への一方的な想い(もっと親しくなりたい)と他のママ友への嫉妬、そうして彼女にとって特別な存在でありたいと願う独占欲は、私が望んでいる「一人の友人としての対等な関係」には好ましくない感情である、ということに今更ながらに気が付くことができた。

 

 

彼女はとても魅力的な人だ。行動力があり、求心力もある。自然を人の輪の中心にいるタイプで、だからこそ彼女と親しくしている自分を、誇りに思っていた部分があった。

 

けれども、改めて彼女という一人の人間と、純粋な「友情」を築けていたのか??と問われると、どうなのだろう。

少なくとも、彼女の中では、ある意味「ノー」であり「イエス」だったのだと今は思う。

 

 

「ママ友」と親しくなりたい理由

 

私が「ママ友」にくくってしまう理由はいくつかある。

 

一つ目は、もともとの友達自体が少ないうえ、ライフスタイルの変化や仕事の都合などにより、彼女たちと気楽に連絡を取り合い、近況を語り合う機会が最近極端に減ってしまっていたため、その寂しさを紛らわしたかったから。

 

二つ目は、話し相手を求める際、「ママ友」であるほうが、自分にとって都合がよいから。(話の内容や、子供がいない相手への配慮など、色々と遠慮をしなくて済むから)

 

三つ目は、子供に関する話題を、母親目線の本音でとことん語り合いたいから。

 

そうして最後は、子供との時間を持て余しているがために、ママ友を交えたにぎやかで楽しい空間に、強い憧れを抱いているからだ。

 

彼女だけの問題ではない。児童館や、子育てイベントなど。子供を交えた場で「ママ友」を作るチャンスはたくさんあった。けれども、それをものにすることが私にはできなかった。いや、会えば親しく話す程度の関係に離れたのだ。けれども、誰ともそれ以上の関係には発展しなかった。

 

 

本当に欲しいのは、気心の知れた仲の良い「ママ友」

 

今回改めて思ったのは、自分が本当に欲しいのは、自分の友達としての、気心の知れた仲の良い「ママ友」なのだということだ。

 

好かれたいと思いながら付き合うのではなく、自分が好きだから付き合う。

 

もちろん、親しくなりたい、と思うことも間違ってはいないのだと思う。そこには、自分が好きだからという理由があるのだから。

けれども、強くそうして一方的にそう思うことで、関係性が歪になり、相手から自分がどう見られているか??などという不安を常に抱えながらの付き合いになってしまっていたのであればどうだろうか??

そんな自分に余裕のない姿は、とても滑稽だったのではないか、と今となっては思う。

 

本来、友達は「作る」ではなく「なる」ものだ。

基本に立ち返って、友達とは何か、という問いにもう少し冷静向かい合っていきたいと思った。

「仲間外れと、たまたま声をかけなかった」の違い

これは単なる気持ちの吐き出しだ。

 

非常に恥ずかしく、そうして情けのない話なのだけれど、先日真夜中にシャワーを浴びながら大人げなく声を出して泣いてしまった。

 

理由はなんてことないことだった。

プライベートでも親しくしていたママ友が、自分以外のママ友と約束をし遊んでいる場面に偶然出くわし、私が一方的に嫉妬し、傷付き、気まずく思ってしまったのだ。

場の雰囲気的に、子供たちは当然のように一緒に遊びはしたのだけれども、約束をしあっているママ友たちは当然お菓子やジュースを持ち寄り、一緒に食べ(私たち親子も輪の中には入れてもらった)、帰りにはお菓子のお土産を互いに配りあっていた。

 

 

仲間外れ、なのかもしれない。

ただの偶然、だったのかもしれない。

結局は自分の解釈次第なのだろうが、人間関係で良くも悪くも色々な経験を積んでしまった私は、「仲間外れ」いうとネガティブな受け止め方を、瞬間的にしてしまった。

 

 

「仲間外れ」がつらい理由。

それは、「自分が頭数にすら入っていなかった」「存在自体を思い出してももらえなかった」「友達としてカウントしてもらえなかった」からなのだと思う。

 

「好意」の反対は「悪意」ではなく「無反応」だと聞いたことがある。

まさしく、「無視」された気分になってしまったのだ。その無視した相手に対し、悲しみ傷付いている自分が、子供の手前「傷ついていない演技」「その場を楽しむふり」をしなければいけなかったことが、とても悲しく、悔しかったのだと思う。(もっとも、上手くできていたかどうかはわからないけれども)

 

おそらく、少し前から「自分は、ママ友コミュニティーの中で少し浮いている」という自覚があり、そのことについて悩んでいたことも大きいかもしれない。そうして、浮いてしまっている理由にも心当たりがあり、かつ自業自得な部分もあったため、悲しみや素直に怒りを自覚し受け入れることが、怖かったことも大きかったかもしれない。

 

 

いい年をした大人であり、母親でもある。

泣くなんて、恥ずかしいし情けないと思う。

けれども、誰かに話しを聞いてほしくてたまらなくなり、衝動的に書いてしまった。

 

もっと心強くありたい、と改めて強く思った。