日々、思うこと、考えること。

子育て中に、考えてしまうあれこれ。

夫に対して、我慢と努力を求めてしまうこと

最近購読を始めたブログに、このような記事が更新された。

www.utsu-joso.com

 

私の育児は、ワンオペではない。けれども、夫の帰りが娘たちの寝かしつけの時間とかぶっていること、その寝かしつけは基本自分がしていること。夫の休日は自身の休息と気分転換をかねて、基本一日一回(小一時間から半日、時には丸一日)は一人での自由時間があることから、近くにいる両親を頼りつつも、娘達だけと過ごす時間も少なくないこともあり、色々考えてしまった。

 

 

 

私にとってのワンオペ育児 

我が家の場合、自分の実家は近いし協力的だ。夫も、ここ2,3ヶ月は仕事が立て込んでいるとはいえ、9時には帰宅できている。サラリーマンなので、月に7日程度は確実に休みがある。最低限の家事・育児は積極的にしてくれる。義両親との関係も良好だ。

 

であるにもかかわらず、日々の生活の中でどうしてもワンオペ育児をしているような感覚に襲われる。核家族であり、かつ夫はサラリーマン(在宅勤務もできない)なのだから当然だ。

おそらく、一日の中で一番忙しい夕方の、「お風呂・夕食作り・食事の介助・寝かしつけ」を一人でこなさなければいけないことが、一番のプレッシャーなのだと思う。

 

私の両親は、「あくまで、我が家とポン助一家は別家族。手助けはするけど、一家の主(夫)中心の生活をすべし」と言う考えを持っている。そうして、私も両親と同じ考え持っている。

だからこそ、当然のことながら、一人で家事育児をこなさなければいけない時間帯が、一日の中でどうしてもできてしまう。(よっぽどのことがない限り、実家で夕食をとることはないし、上の娘が嫌がるのでお風呂を入ることもない)短時間であっても、ワンオペ育児にならざるを得ないのは仕方のないことだ。

 

 

我慢をしている私、夫に我慢を求めてしまう私

一人での家事育児は正直私にとってはしんどい。だからこそ、そのしんどさを軽減するための努力や工夫をすることになる。

私には、家事と育児の同時進行が難しい。それゆえ、娘達が寝ているとき、機嫌よく一人遊びしているときなどに家事を集中させている。

また、下の娘だけの時間のときは、おんぶをしながら家事をする事も多い。下の娘は、まだ8キロ台だ。それでも、長時間おんぶをしていると、体への負担は大きい。そんな我慢の上に、私にとっての一人での家事育児は成り立っている。

 

 だからこそ、仕事で家を空ける場合は仕方ないにしても、休日や出社前や帰宅後などの夫の在宅時に、ワンオペ状態になってしまったり、自分が我慢を強いられる状態が続くと、その行き場のない苛立ちを夫にぶつけるべく、夫にも同じ苦しみを味あわせたくなってしまう。 

 

もっとも、 夫に我慢を求めず、自分で工夫をして解決できることもあるだろう。件のブログで紹介されていたように、一時保育を利用する、家事代行サービスを利用する、最新家電を利用する、などなど方法はいくらでもある。もっと積極的に自分の両親に甘える、という選択肢もゼロではい。

けれどもそれらの解決方法では、私の不満は解決されない。夫がくつろいでいる(ように見えるだけでも)ことが、不満なのだから。

 

夫が仕事で家を空けざる得ないのは仕方のないことだ。そこは割り切れる。けれども夫が家にいるときに、自分だけが我慢をしているという状況に気づいてもらえない、気付いているけれども見て見ぬふりをされている。そんなシチュエーションに(自分の思い込みも多々あるのだろうけれど)不公平感を感じてしまうのだ。

しんどいとうメッセージを常に発信している私に、共感はすれども、時に積極的には手を出してはくれない夫に対する不満は、私の被害者妄想を大いに刺激する。

 

また、夫にとっての休日のひとり時間は、自分の心身のリフレッシュに必要不可欠だと主張しながら、私のひとり時間は、物理的に難しい(自分一人では下の娘のお世話ができない、いざとなった時に対応しきれない)という矛盾した主張もしていることも、私の不公平感を刺激させる要因の一つだ。

私がひとり時間を持てないのは、仕方のないことなのだろうか??という疑問が、常に頭から離れることはない。

 

 

夫婦は対等だと思いたい、けれども思えない私。

夫婦は対等だと人は言う。

家事育児を自宅でしていると、家の中が職場のような錯覚を覚えてしまう。一方、夫にとっての家は、くつろぎ心安らぐ場所だと思っている。

そうして、くつろぐ夫を前にして、自分の食事もままならない状況で立ち働いていると、なぜだか主従関係のような歪な関係性を夫と自分の間に見出してしまう。

これも私の直すべき考え方の癖なのだろうが、卑屈な気分にどうしてもなってしまうのだ。

 

だからこそ、そんなマイナス感情を消化すべく、夫に対しても自分と同様の我慢と努力を求めてしまうのだと思う。

 また、私と夫が同時に家事育児をしているときには、夫には「無理、できない、やりたくない」という選択肢があることに、私自身が大いに嫉妬してしまっていることも無視できない。

 

 

上手いガス抜きの方法を自分で見つけるほか、解決策はないのだろう。

けれども、現状で思い浮かぶガス抜き方法では、どうしても100%の満足を得ることができない。

この100%の満足というこだわりが、もしかしたら一番の厄介なのかもしれないけれども。

「簡単なもの(食事)でいいよ」という、悪魔の言葉

こんな記事を見つけた。

blogos.com

 

我が家は共働きではない。けれども、2人の娘がまだまだ手がかかること、核家族であること、夫の趣味がアウトドア系で一人出の外出がままあることから、夫が気を利かせて上記のようなニュアンスのセリフ「簡単なもの(食事)でいいよ」をかけてくれることがある。

たいていが、夫の仕事が休み日の、昼食や夕食であることが多い。そうして同時に、夫が一人外出をしたか、もしくは家族で外出をしたか、のどちらかの条件が付くことも多い。

 

 

もっとも、料理をしたくない時にこのセリフを耳にすると、私は非常に気分が悪くなってしまう。私の場合、夫が一人きりで過ごせる自由時間を満喫している、という条件が加わると、特にそう感じてしまう。

 

私(ポン助)も疲れている、作りたくないのでは??という考えに、どうして至らないのか、と。

どうして、自分で食事を作るという発想がないのか、と。

 

 

外食や、総菜などに頼るという選択肢ももちろんある。けれども、我が家では経済的に、頻繁に気軽に選べるものでは決してない。

我が家は、夫から定額の生活費を貰ってやりくりをしているため(足りなくなったら都度貰っているものの極力額面内で納める努力はしている)、生活費が足りなくなり月末に節約生活を強いられるだろうという心理的負担感があるからだ。

 

だからこそ、簡単なものでも自分が作らざるえなくなる。(夫に作ってほしいとお願いしても断られてしまうため)

 

 

夫にとっての「簡単なもの(食事)」

夫にとっての「簡単なもの(食事)」は、私にとっても簡単なものであることが多い。けれども、それは同時に、物足りないものであることも多い。メニューもしかり、ボリュームもしかり、品数もしかり、栄養面もしかり。

今の季節はソーメン。

寒い季節はうどんやラーメン。(鍋に面と具材を一緒に入れて煮込むだけ)

チャーハン、カレー、スパゲッティや焼きそばなどの単品料理も多い。もっとも、チャーハンやカレーなどの時は、栄養面を考え、極力スープ(圧力鍋で煮込むだけ)とサラダ(生野菜を切っただけ)を私はつけるようにしているのだけれど。

 

 

食にこだわり(知識と意識)がない夫、多少のこだわりがある私

幸か不幸か、夫は食に対して全くこだわりがない。毎日カレーでもよいと発言したこともあるぐらいだ。

一方の私は、多少のこだわりがある。母親が料理好きだったことも影響しているのかもしれない。総菜に対する罪悪感もある。(母親が総菜を嫌っていた。味やコストパフォーマンス、栄養面を理由に)

また、時折母親との会話の中で、「野菜を取りなさい、たんぱく質を取りなさい、目標は一日30品目よ」などと助言されていることも大きいように思う。がっしりした(ぽっちゃりした??)夫の体つきを知っているからこその発言だ。

 

それゆえ、夫にとって簡単なもの(食事)では、私は満足できなかったり、妥協もできなかったりしてしまう。結局、ひと手間、二手間を加える(スープやサラダを加えるなど)ことになってしまうため、私にとっては「簡単なもの(食事)」は、簡単ではなくなってしまう。

 

 

「簡単なもの(料理)」の後始末、という考え方

主に料理を作るのは私だ。だからこそ、栄養面や健康面がとても気になる。

夫も私も決して痩せているほうではない。おまけに、上の娘は家ではとても偏食だ。(幼稚園の給食や、お弁当では好き嫌いなく食べているのだけれど)

子供の食事について、栄養面は一週間を通してトータル的にバランスが取れていればいいですよ、というアドバイスを受けたことがある。けれども、現状そのバランスがとてもとれているとは、私には思えない。それ故、私は一食一食に神経質になってしまいがちだ。毎日の一食一食の食事で、栄養を貯金しなければ、と考えてしまう。

対して、夫はそのような心配をあまりしていない。自分が料理をしないこと、栄養面に頓着しない性格、娘と食事を共にする回数が私より少ないことなどが理由だろう。そのため、栄養面の偏った「簡単なもの(食事)」へのハードルも低い。

 

 

そしてもう一つ。これは私のわがままなのだが、手抜き料理の頻度を一週間、一か月単位で考えると、今がその手の抜きどころなのか??と疑問に思ってしまう、というのも大きいように思う。

食にこだわりのある私は、我ながら面倒くさいが、毎週カレーとか、麺類が続く献立に、抵抗というか罪悪感を覚えてしまう。そのため、「今手を抜いてしまったら、明日手を抜きたくなっても、手を抜けなくなってしまう」という、強迫観念めいた考え方に陥ってしまいがちだ。そうして、夫が家にいて、家事と育児を切り離せることができているとき、その貴重な手抜きという手段を使ってもよいのだろうか??と、ついつい自問してしまうのだ。

 

もしかしたら、この偏った思考の癖が、一番の「簡単なもの(料理)でいいよ」というセリフへの嫌悪感の理由なのかもしれない。

ニコニコした母親でいるためには・・・・・・

以前、友人との会話でこんな話題が出た。

「母親がニコニコするためには、母親だけが努力をしないといけないのだろうか??」

こちらの記事を読んで、そんな友人とのエピソードを思い出した。

 

oinor-i.hatenablog.com

 

「無責任礼讃ブーム」という表現がされている。

本来、育児をするにあたって、基本的にはワンオペ育児というか、自分の家族(私たち夫婦)だけで完結すべきであって、自分の実家ありきの現在の我が家の育児環境は、恵まれすぎているという自覚のある私にとっては、とても耳の痛いテーマだ。

自分のストレスをコントロールできないがために、自分の実家に頼ることで、その苦しみから逃げているのが、今の私だ。本来ならば、それらを自らの努力で乗り越えることで、解決していかなければならない課題であるはずなのに、その努力を怠っているのだ。甘えているな、と自分でも思う。だからこそ、色々考えてしまう。どうすればいつもニコニコした母親でいられるのだろうか、と。

 

けれども、その一方で、肝心かなめのストレスのコントロールの仕方を身に着けるために努力しなければならないのは、自分だけなのだろうか??と疑問に思う自分もいる。

 

 

 「ニコニコした母親でいるために、頑張ってね」と笑顔で肩を叩いた夫

 

何年か前、まだ上の娘が赤ちゃんだった頃の話だ。水曜日の9時にフジテレビで今も放映されている「ホンマでっか!TV」のとある回で、「母親が常にニコニコしていたほうが、子供の情緒が安定する」というような話があった。(正確な内容はうろ覚えだが、母親が常にニコニコしたほうが、子供のために良いという内容ではあったように記憶している)

 

その際、ソファーで隣り合って座っていた夫が、「だってさ、ポン助も頑張ってね!!」と、他人事のような口ぶりで肩を叩いて、私を励ました。

けれども私は、そんな夫の反応に違和感を覚えた。

「あぁ、頑張るのは私だけなんだな」

「母親がニコニコできるように、僕も頑張るよ!!ていう発想はないんだな」

寂しさと同時に、怒りにも似た複雑な感情を、私は抱いてしまったからだ。

 

 

上記のブログに登場する知人女性のような人間を間近で見たら、私も自分のことを棚に上げて違和感を覚えるのだろう。

けれども、同時に彼女の周りの人間(夫や両親、義理両親)は、どう思っているのだろうか??どう立ち回っているのだろうか??具体的な助言をしているのだろうか??彼女の望む形で手を差し伸べているのだろうか??などと、考えてしまうのではないだろうか。

 

おそらく、この知人女性の姿が自分とダブってしまったからだろう。件の知人女性を全面的に擁護することはできないが、かといって真っ向から否定するのも、違うような気が私はしてしまう。

 

>ニコニコした母親になる為には好きな事だけしかしてはいけない。

イヤな事をしているとギスギスした母親になる。

何故にその二択なのか。二択で考える根拠が分からない。

 自分の責任を果たしながら、楽しく生きればよいのではないか。楽しく生きる為には無責任にならねばならない、というルールはないと思う。

 

ブログにはこのような記述がある。

「自分の責任を果たしながら、楽しく生きればよいのではないか。」

確かにそうだろう。

私も、楽しみながらワンオペ育児ができれば、と常に思っている。けれども、今の私にはそれができない。その具体的な方法もわからない。

おそらく知人女性も、子供と向き合いながら自分を楽しむ方法がわからないのだろう。そうして、身近にそれを手助けしてくれる人がいないのだろう。そんな妄想めいた感想を、ついつい抱いてしまった。

 

「無責任な方法でしか、楽しく生きられない。」人間は確かにいるだろう。けれども、他の方法を知らない(知ろうとしないだけかもしれないけれど)人間にとっては、それはそれで悩ましい選択でもあったのではないか、とも私は思ってしまう。

"名もなき家事"~夫にとって家事、私にとっての家事

先日、"名もなき家事"に関する記事を読んだ。

 

news.mynavi.jp

 

「炊事・洗濯・掃除」以外の、こまごまとした家事のことを"名もなき家事"と名付けることで、家事ついて考えを巡らせるきっかけになるのであれば、とても意味深いことではないだろうか??

 

"名もなき家事"を私が率先してやる理由

私は専業主婦であるのだから、家事をするのが仕事だ。とはいえ、しつけの延長線上のような「それぐらい自分でやってよ」的なこまごまとした家事は、個々で完結してほしいなとは思う。

我が家の場合、名もなき家事と聞いて私が一番に思いつくのは、スリッパとペットボトルの片づけだ。

そもそも夫は部屋が多少散らかっていても気にならないタイプだ。スリッパが出しっぱなしでも、空のペットボトルがテーブルの上に転がっていても、何とも思わないらしい。

一方の私は、部屋が乱雑な状態を気にするタイプだ。もっとも、雑誌に登場する部屋のような理路整然としたきれいさはなく、ぱっと見雑然としてはいる。けれども、テーブルには物を置くスペースは当然あるし、床の上も下の娘が安心してそして存分にハイハイするだけのスペースは十分に確保されている。 

自分の居心地の悪さだけの問題ではない。下の娘の誤飲の問題もある。こまめに片づけたほうが、うっかり何かを拾って食べたり、何かの拍子にテーブルなどの上から物が降ってくるなどという事故を防止することもできる。

必要なものを必要なときの取り出すためにも、片付けや整理整頓は必要だ。けれども夫は、なぜか積極的にやらない。

 

夫にとって、名もなき家事と呼ばれている家事のいくつかは掃除や料理の一環だと思っているところがある。日々責任を持って「炊事・洗濯・掃除」をやらないからこそ、目につかなかったり、必要性や不便を感じにくいのだろう。だからこそ夫はそれらの家事に頓着しないのかもしれない。

 

 

夫と私、家事に対する優先順位、温度差

私の夫が家事をしない(できない、気付かない、気にならない)理由は、いくつかある。

  1. 家にいる時間の長さ。
  2. 夫と私の家事に対する温度差。
  3. それぞれのこだわり。(夫と私、家事の程度や頻度やり方など)
  4. 家事に取り組むスタンスの違い。
 

とりわけ、夫と私の家事に対する温度差の違いは大きい。

夫と私では当然家の中で過ごす時間の長さが違う。そうして、主立って家事をするのは、私だ。だからこそ、私は夫より、より家の中を快適にしたい、と思う気持ちが大きいように思う。

また、その快適性の中には、家事の効率化も含まれてもいる。

娘たちのお世話をしながらの家事に苦手意識がある私は、娘たちが一人遊び(時折二人遊びも)している時間、寝ている時間、夫がいる時間のうちに、できるだけ家事を終えてしまいたい、というこだわり(わがままでもあるのかもしれない)がある。それゆえ、家事を心穏やかな状態で取り組むことができる時間帯は非常に限られてしまう。だからこそ、中長期的な目で見て、家事を短時間に詰め込んでしまいたくなってしまう。一方、夫にとっての家事は、私と共同でやるものであることが多い。だからこそ、家事一つ一つに、緊急性や必要性を感じにくいのかもしれない。

 

 また、夫が確実にその家事をしてくれるとは限らないという理由で、私が家事を抱えてしまうことも、温度差を広げてしまう大きな理由であるように思う。

夫にとっての家事は、「するべきもの(生活に支障が出てしまうため、せざる得ないもの)」であると同時に、一部の家事(主に、名もなき家事に属するであろうものが多い)は「自分が気が付いたときに、自分の心と体のコンディションが整っていて、かつ自分の許容範囲が超えてしまったときに、自分がしたいと思ったタイミングで」するものである。

一方の私にとっての家事は、「今するべきもの」の割合がその他の家事に比べてだいぶん大きい。それゆえ、最終的にこなさなければいけないのであれば、するかもしれないし、しないかもしれない夫に任せる(少しの期待もあり)のではなく、自分一人で完結したほうが、多少体力的に無理をしてでも精神的には楽である場合も多々ある。 

 

 

温度差が生まれてしまうことは、仕方のないことだ。

仕方のないことだけれども、だからと言って「しょうがないか」では済ませられない自分もいる。

「察してちゃんはよくない、ちゃんと言わないと」とは思う。けれども、それを必要としていない、不都合を感じていない人間に対して、「お願い」することに、私は大きなハードルを感じてしまう。

学校生活でも、社会人生活でも、言葉は悪いが「人を動かす」という経験をあまり積んでこなかったことも大きいのかもしれない。

 

もっとも、自分の心と体に余裕があれば解決しうる問題でもあるのだろうけれど・・・・・・

楽しかった、という答えだけを期待していた夫と母

先日、友人(偶然にも、彼女の娘も上の娘と同じ幼稚園に通っている)に誘われ、彼女の実家で開催されるBBQに参加する機会があった。同じく、3組の親子(所謂同じ幼稚園に子供達が通うママ友ではあるが、気の置けない関係でもある)や、彼女の両親の知人(自治会の集まりも兼ねていたらしい)も数十人おり、とても楽しく賑やかで豪勢な集まりとなった。

当初、夕方には帰る予定ではいたのだが、友人の勧めもあり8時近くまで3人のママ友も一緒に過ごすことになった。夫には事前に連絡をし、自分の夕食はコンビニで済ませるからというありがたい返事をもらっており、最後の片づけまで残ることができた。

もっとも、私は下の娘も連れての参加であったので、片付けはもちろん、メインのBBQもろくに手伝うこともできず、少し肩身の狭さを感る場面は多々あった。

夫は仕事だったため下の娘の世話をお願いすることは当然できず、私の両親も遊びが理由であること(両親なりの線引き)もあり預けるという選択肢もなかったからだ。

 

BBQは、もちろんとても楽しかった。たくさんの種類と量のお肉に、海鮮、新鮮な野菜、種類豊富な飲み物。次から次へと出てくるデザートのフルーツにお菓子。友人たちとの尽きない楽しい会話・・・・・・

けれども、やはり体力的にも精神的にも疲れてしまったことは否定できない。

上の娘は、他の子供たちと勝手に遊んでいたので、負担感は全くなかった。けれども、下の娘はまだハイハイとつたい歩きの段階なので、当然つきっきりだ。目も離せない。上の娘のトイレの付き添いや、自分のトイレなどのちょっとした所要で席を立たなければいけない時は、友人たちに頼まなければならない。もちろん、皆快く引き受けてはくれるのだけれど、ちょっと悪いなと思いながらのお願いは、ちょっとづつ私を疲れさせる。「ありがとう」と「ごめんね」の繰り返しと、勝手の違う場所での娘のお世話に、「心から、リラックスして"楽しめたか??」と聞かれると、聞かれた人によって答えが違ってきてしまう自分がいる。自分のペースで飲み食いもできず、娘を一人で放っておくこともできないのだ。当たり前のことだが、ゆっくりとくつろぐことはできない。

 招待してくれた友人はもちろん、一緒にいたママ友たちへの素直な感想は、ただただ単純に「楽しかった」なのだ。けれども、夫に対してはどうだろうか??なぜだか不思議と「楽しかった」だけではすまない自分がいる。

 

ただ遊んできただけじゃない、と言った母

BBQの翌日、母に楽しかった。けれど、ちょっと疲れた。まだ体がだるい、と愚痴ったところ、「ただ遊んできただけじゃない」と非難めいた答えが返ってきた。おかげで、それ以上愚痴を言うことができなかった。どうやら、「楽しかった」という感想のみが、母にとっての正解だったようだ。

 

子供を連れてのBBQは、単なる遊びなのだろうか??

当日、上の娘の面倒はともかく(基本は勝手に遊んでいたので)、下の娘の面倒はしっかり見ていた。当たり前だ。家でやっていることと同じことを、BBQでもしていたのだから。けれども、遊んでいるといわれる。食事作りをしていないから、だろうか??

私は上の娘を授かるのが比較的遅かったこともあり、”遊ぶこと=一人で自分のためだけに好きなことをすること"だと思っていた。けれども、母にとっては違ったらしい。

母親になると、遊ぶことの定義も独身の時のそれと違ってきてしまうものなのだろうか・・・・・・

 

 

楽しかった、という答えだけを期待していた夫

夫も母と同じ反応だった。

その日、夫は帰宅後着替えるとそのまま趣味の外出に出かけてしまっていた。夕食は、外出先のコンビニで済ませたようだった。

そうして、外出からの帰宅後、夫は何度も何度もしつこく聞くのだった。「楽しかったか?」と。

けれども、私はとても疲れていた。帰宅後子供たちをお風呂に入れるという、大仕事が残っている。寝かし付けまで一人でやらなければいけない。おまけに、夕方までに帰るつもりでいたので、洗濯物をたたむなどの家事も残ったままだ。夫が、それらの家事を見て見ぬふりをして(もしかして、気が付かなかっただけかもしれないが)、一人出かけてしまったことにも、私は腹を立てていた。

やらなければいけない仕事がこまごまと残ったままの部屋の中で、体はくたくたに疲れている。結局上の娘はお風呂に入ることなく寝てしまい、下の娘だけ私一人でお風呂に入れ、寝かしつけをし、残った家事をしているところに、夫が帰ってきた。その際のセリフが「楽しかったか??」だった。

 

八つ当たりなのかもしれない。けれども、どうしても私は素直に「楽しかった」と答えることができなかった。そうして、「疲れた」を連呼し、夫の気分を害する結果になってしまった。

 

夫に対し、理不尽な怒りが込み上げてきたのだ。

なぜ、BBQ当日に仕事の休みを取って下の娘を見るという選択肢がなかったのか。(普段は自分の趣味の予定優先で、土日に月一度の休みを取るため)

なぜ、帰宅後外出してしまったのか??(私が常日頃、私一人で二人の娘をお風呂に入れることに、四苦八苦していることを伝えているにもかかわらず)

 

最後は、私が八つ当たりをしてしまったことを夫に謝り、ことは収まったのだけれど。

 

 

母親とは、遊びに行くときも子供が一緒で、かつどんなに疲れていようとも、「楽しかった」という答えしか、返してはいけないものなのだろうか??

遊んだことを理由に滞ったままの家事は、手伝いの対象にはならないのだろうか??

色々と考えてしまった。