日々、思うこと、考えること。

子育て中に、考えてしまうあれこれ。結論の出ない、個人的で偏った見解の考察が主です。

家事には明確な正解がないから、分からなくなる。

正しいの掃除の基準、頻度の正解はない。

年収300万未満で結婚・出産できる不幸。

きっと女性に経済力を求める社会になれば、女性ももっと輝けるのではないだろうか??

夫が家事をしなくなった。

夫がどんなに忙しくても、夫の世話はやりたくない、と思ってしまう。 夫の母親にはなりたくない、と思ってしまう。

話し合いが苦手なわけ。

私は話し合いが苦手だ。 理由は簡単で、対等な話し合いの結果、自分の意見・主張が相手に聞き入れられ、かつ自分の要望が相手に正確に実行された経験が極端に少ないからだ。 もっとも、自己肯定感が低いがゆえの、一方的な思い込みも多分にあるのだろうけれ…

【恐怖】102歳の危険な遊び

102歳のお馬さんごっこは、恐怖でしかない。

小食・偏食を個性として受け入れる勇気。

小食は別として。 偏食や好き嫌いの多さは、「直すべきもの」とされる。 「好き嫌いなく、何でもよく食べる」のは、健康にもよい。 「よいこと」「推奨されていること」とされる。 特に子供に対しては「健全な心と体の成長」への影響もある。 「好き嫌いなく…

食べる子は育つ。じゃぁ、食べない子は??

ご飯をたくさん食べるからと言って、縦に大きくはならない。

朝起きて夫がいなかったら、怒ってもいいのだろうか??

「怒り」に理由などいらないのだろうけれども。 相手に悪びれない態度を取られると、毒気を抜けられて、怒ってはいけない気分になってしまう。

男のおっぱいは揺れない。

男のおっぱいは揺れない。 好きでもない男のおっぱいを触っても、女は気持ちよくない。

男に生まれたかった。

漠然とした、「男に生まれたい」ではない。女である自分のスペックのままではない、なりたい理想の男性になりたいのだ。

小学一年生の語彙力

世の小学一年生は、「ざくろ」を見たこと食べたことがあるのだろうか??

「2歳児踏切事故」について。

家庭内で起こる子供の痛ましい事故が後を絶たない。その場にいた保護者を責めるだけでは、家庭内の事故を未然に防ぐことはできない。

いたたまれなくなる。

泣き叫ぶ2歳の娘を見ていると、なんだかとてもいたたまれなくなってしまう。だから、つい甘やかしてしまう。

公共の場での、第三者視点の「ワンオペ育児」

公共の場での、第三者視点の「ワンオペ育児」には違和感を感じるが、私的な場での「ワンオペ育児」はスルーされがちだ。

「働いていない人」にとっての「ケア労働」とは。

素人のケア労働(家事・育児・介護)に、適切な対価を払う習慣を私たちは持っていない。

「パワハラ」の先にあるかもしれない「ひきこもり」

多くの人間が「パワハラ」には寛容で、 「ひきこもり」には不寛容だ。 けれども、自分たちの「パワハラ」的な行為が、「ひきこもり」の引き金になっているかもしれないとは、誰も想像しない。

「気を付けてください」「はい、気を付けます」では解決しない。

自分「申し訳ありませんでした」 上司「次からは、気を付けてください」 自分「はい、わかりました」 こんな不毛なやり取りでは、根本的には解決しない。

他人の物を、本人の許可なく勝手に捨てる人

私の身近に、「他人の物を許可なく勝手に捨てる人」がいる。

他人に厳しく、自分に甘く。

少なくとも、私は内心「自分のことを棚に上げて」と毒づくことができるからこそ、夫や両親からの耳の痛い正論を時に右から左へと受け流すことができる。

【ブログ企画】「雨の日のちょっといい話」

お題「雨の日のちょっといい話」 とても興味深い話題を提供してくださる「ふと思ったんだけど」さんで、面白そうな企画があったので、参加させていただいた。

実家依存症~夫を頼る??親を頼る??

夫を頼れないから、親を頼る。頼わざるを得ない。が、実家依存症の私の本音だったりする。

「ずっと泣いてたよ」

夫や親に子供を預けた際、「ずっと泣いていたよ」と言われたら・・・・・・ 次回以降、気軽に子供を預けようと思えるだろうか??

オンとオフを切り替える。

職場の休憩時間、なっている電話を私は無視できません。

傍観者の当事者意識

傍観者を逆恨みして始まる連続殺人は、ミステリーのあるあるだ。

母親の体調が崩れた時、夫である父親に求められるもの。

あなたのできるとこと、したいことは、私のして欲しいことではない。当たり前だけれども。

私最低だ。

ただの愚痴です。

「欠席届」って必要??

いらなくはないのかもしれないけれども、必要とも言い切れないのでは。と思えてならない。

大人げないママ

自部のやりたくないことを無理やりやらされるのは、大人でも、母親でも、苦痛だよね。と主張したい。

察しているのだから、察してほしい。

「察してもらう」「気を使ってもらう」恩恵を受けている人間から、なぜ「察してほしいでは困る」と非難されなければいけないのだろうか??

セクハラをしても、許される人々。許してしまう人々。

世の中には不思議と「セクハラ発言をしても許されやすい人」が存在する。